開催趣旨

与謝野晶子は堺で生まれ育ち、10代で若い人たちの芸術文化運動に参加し、それは全国の若者たちの精神に大きな影響を及ぼし、新しい文化芸術のムーブメントを起こしました。

その後も、そして今も、晶子の愛と自由の精神は受け継がれ、歌碑は全国に、また世界各地に建立され続けています。

私たちは2007年5月に、没後65年を記念し、生家跡歌碑で献花祭をするとともに、歌碑近くにある山之口商店街を中心に、期間限定で文学カフェを開き、様々なイベントをしました。その年の晶子の誕生日の12月7日には「129回目の誕生日を祝う会」を行いました。

2008年には、実行委員会を結成し、この偉大な芸術家の生誕130年を祝し、生誕の地「堺」で生誕祭を開催いたしました。

2009年からは「与謝野晶子生誕芸術祭」と銘うって、与謝野晶子生家跡歌碑を中心に、芸術祭参加者を広げていくことにいたしました。

2015年は「利晶の杜」がオープンしました。これまでわたしたちがめざしてきた、与謝野晶子生家跡一帯を堺の観光の起点、堺の文化芸術振興の中心とし、文化芸術資源をつなぐネットワークの拠点にしていくときがきました。
2017年は、イベント名を「与謝野晶子生誕祭」といたしました。

2018年からは、新・実行委員会を組織し、与謝野晶子生誕140年を機により晶子の歌に焦点を当て、その魅力を発信できるよう、参加性のある楽しい、新たな活動を計画していくことになりました。
また、2016 年から、阪堺電気軌道沿線の情報を発信する「ちん電マップ」でも広報協力をしています。
 

 

与謝野晶子生誕術祭実行委員会 

新実行委員会一同